ロケ地とは、ロケーション撮影を行う場所の意味で、映画やテレビドラマを撮影する際に、より映像をリアルに見せたいという映画監督やプロデューサーの意向により、実在の場所や風景や建物などを利用することです。

ロケ地を探す場合を、ロケーションハンティングを略してロケハンと言います。

2時間ドラマでは、犯人が犯行を自供する場所が良く出てきますが、現実は取調室での自供となるのでしょうが、ドラマでは、犯人の心の揺れを表現するために、崖のあるシーンでよく撮影されます。

ロケ地でよく使用されますのは、お金持ちの屋敷やちょっと怪しげな洋館に使用される群馬県の西洋風の古い城、小学校や中学校のドラマの舞台となる東京都台東区の廃校になった小学校、周りが開けていて建物の高さが威圧するように見える茨城県水戸市の庁舎、明治時代の私立学校の校舎として使用されます茨城県牛久市の旧ワイン醸造場、クリスマスのイルミネーションに使用されます東京都港区六本木の通り、空港のシーンに良く使用されます円形のフロア部分が印象的な江東区青海のセンター、川と川に面したデッキと橋と公園が広がり、恋人同士の語らいの場所として使用されます東京都港区港南の場所、ドラマで政治家や大物実業家の邸宅として使用されます東京都港区白金台の邸宅、国際会議場や研究所などの場面で登場します

東京都江東区青海の建物、明治から昭和初期のドラマに登場します東京都台東区上野公園の博物館などがあります。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら