シーズンごとに発表される新商品、それが手元にあればきっと生活が今より豊かになるであろう品々のコマーシャル映像を、私たちが目にしない日は無いでしょう。

1960年代、日本の一般家庭にテレビが普及し始めると、それまで新聞や雑誌といった紙媒体で行われていた宣伝広告の主流は、一気にテレビ映像に取って代わられていきます。

15秒~30秒の短い時間に、いかに効率よく商品を印象付けるかに、多くのお金、時間、労力そして才能がつぎ込まれていきました。

コマーシャルソングや商品マスコットといったカテゴリーが開拓され、CM業界は巨大化していきます。

CMの制作は、発注企業の要望を聞き企画を立てる広告代理店と、実際にCMを制作するCMプロダクションによってなされています。

クライアントの要望を聞きCMのイメージを作り上げるCMプランナーは広告代理店に所属していて、実際に制作に関わるプロデューサーやディレクターはCMプロダクションと契約しているのが一般的です。

近年、宣伝広告媒体の主流は、テレビからインターネットに取って代わられつつあります。

PCと遜色ない機能を持つスマートフォンを多くの人が一人一台持ち歩く現代、CMプロダクションにに求められる技術も大きく変わってきています。

WEB上の宣伝広告の場合、そのビッグデータの解析により、より効率良く、ターゲットを絞り込んで広告を配信することができるのが、最大の利点といえるでしょう。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら