動画広告の拡散には、その時期のニーズに合った手法をタイミング良く用いることが重要です。

では現在の動画マーケティング市場とは、どういったものなのでしょうか。

まずは最近のユーザーの傾向から見ていきます。

ある統計では、2014年1年間のWeb通信量のうち動画再生が占める割合は約6割にのぼり、今後さらに増加傾向にあるといいます。

そして15~35歳の8割弱がスマホ(スマートフォン)を使い写真や動画をソーシャルメディアに投稿しており、特にこの年代がスマホで気軽に映像を楽しんでいることがわかります。

この背景をふまえ、企業がとるべき動画広告によるマーケティング手法を整理していきます。

まずは、「モバイルファースト」を重視します。これは動画CM制作の際、先にモバイルサイト仕様にデザインし、PCサイトの構築は後にするという意味です。

つぎに「メッセージショート」が挙げられます。

ソーシャルメディアでの動画視聴が一般化してきていることから、ニュースフィード上で隙間時間に視聴できるような、メッセージの短い動画が好まれる傾向にあります。

そして重要なのは、動画SEOの最適化です。動画を含むページは、含まないページに比べGoogle検索の1ページ目に表示される確率が50倍以上にもなると言われています。

企業ページを検索上位に上げるなら、動画広告の掲載に加え、その動画を「最適化」することもポイントとなります。最適化とは、動画に「タイトル」「サムネイル」「説明文」といった付属情報を整えておくことを指します。

動画•映像広告のスタイル様々で、一般的なCMに加え、製品の使い方や効果的な利用法を紹介する「チュートリアル動画」もユーザーに注目されてきています。

たとえば美容系の企業では、製品購入者の約7割がチュートリアル動画により購買意欲が湧いたとのデータも出ています。

これから動画制作をされる際には、以上のように気軽に再生できる情報量・伝達スタイルで構成されるとよいでしょう。

スクリーンショット 2015-09-27 21.46.37