今や話題のアーティストもまたyoutubeを使って動画プロモーション活動をする時代となりました。
動画サイトは若者向けの媒体だと考えられていますが、今では老若男女問わず、不特定多数のネットユーザーが日常的にアクセスしています。
数ある同種のサイトの中でもyoutubeの知名度は群を抜いており、アーティストがプロモーションを行えば、その活動は日本列島のみならず、世界各国に向けて発信出来ます。

またyoutubeには、ユーザーが動画をプレイリスト化する機能があります。
ブックマーク登録のように、好きなコンテンツを管理出来ますので、アーティストのPVは大勢のネットユーザーに何度も繰り返し再生してもらえます。
再生回数が増加すれば、動画サイト自体のランキングにも掲載され、トップページに大きく表示されますので、新曲のプロモーション活動としては最高です。
更にSNSやブログを通じて、PVのURLや映像をシェアする機能も備わっています。
「このアーティスト、誰か分からないけど、曲が素敵」といった曖昧な状態でも、ユーザーがSNSやブログを介して、友達や家族にコンテンツを紹介してくれますので、PVをアップするだけで、その宣伝力は膨大になります。