オリジナルの映像に掛かる日程ですが、根も葉もない結論から言えば、ケースバイケースです。
元々社内にあった旧作品を元に、オリジナル映像を制作してしまう場合なら、映像制作に掛かる時間は短くなります。
宣伝商材がきちんと揃っている、映像制作会社に伝えるコピーや企画、意図などが社内でがっちりと固まっていれば、後はアウトソーシングサービスのスタッフが粛々と作業を進めるだけですので、一週間程度で完成形の映像が得られます。
元々社内にあった昔のPVやCM等をリメイクする形にすれば、予算は通常の半分程度に抑えられますので、アレンジメントしてオリジナリティを出す手法も効果的です。

一方で文字通り、何も映像や元となる企画書がない段階から、映像制作をしてもらうケースだと、
最低でも一ヶ月程度の日程は織り込んでおかなければいけません。余裕を持たす意味で二ヶ月、三ヶ月の心理的余裕は欲しいところです。
下手にスケジュールを急かしても、オリジナル映像のクオリティが下がるだけですし、突貫で映像制作を強行すれば、予算が倍増する等、リスクも出て来ます。