現在テレビ局で放送されている番組の7割近くが、テレビ局内ではなく外部のテレビ番組制作会社によって作られていると言われています。

テレビ番組制作会社には、プロデューサーやディレクター、アシスタントディレクターやアシスタントプロデューサーといった人たちが所属していて、番組の企画・立案、製作にあたっています。

民放テレビ局の場合、例えばあるスポンサーが環境問題に関する自然派の番組を提供して自社のイメージをアップさせたいと広告代理店に依頼します。

すると代理店からテレビ局に依頼があり、そこからそれぞれの得意分野のテレビ番組制作会社に発注されるというのが基本的な流れです。スポンサーの希望に沿った番組の企画、キャストやスタッフの手配、ロケや収録を行い、得られた映像を編集してテレビ局に提供するまでがテレビ番組制作会社の仕事となります。

ドラマやバラエティー番組など、制作会社によって専門とする分野があり、テレビ局の会社の子会社であったり、映画会社の子会社であったりする場合もあります。

また、数多くのタレントやお笑い芸人などを擁する芸能プロダクションにも、番組制作を担う部署があり、所属タレントなどを使った企画をテレビ局に売り込むケースもあります。

公共放送のNHKは、民放に比べて企画、制作を局内で行っている割合は高いようですが、NHK関連制作会社に委託する場合も少なくありません。番組の最後に流れるテロップに、それらの事業者の名称が載っています。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら