ディレクターとは、テレビ番組制作の作品の質に対して責任を持つ、現場の監督のような存在であると言えます。

番組の台本を作成する放送作家や制作の責任者であるプロデューサーとの間で、詳細に打合せを行い、番組出演者やカメラマン・音声マン・照明マンといった技術スタッフやADを指揮しながら、テレビ番組を演出して作り上げていく現場を取り仕切る責任者です。

ディレクターになるには、専門学校や専門課程のある大学で学んだ後に、テレビ局あるいは番組製作会社に就職します。

就職後は、ADとして、ディレクターの下でいろいろな経験を積んで、番組の制作のノウハウを憶えます。

独り立ちできるのは、数年以上の経験が必要となりますが、ディレクターとして、活躍していくためには、演出家として芸術的な才能が必要となりますので、その点を磨いて自分のものにするという、普段からの努力が、必要となってきます。

仕事の評価は、視聴者がすることになり、評価の数値として視聴率があります。

視聴者に対して、ジャンルを問わず、おもしろいと思える番組を制作することが必要であり、それには、視聴者に興味を持ってもらう企画を立て、その企画にあった取材者に対して撮影交渉をし、企画内容を分かりやすく効果的に見えるように撮影をし、編集して、番組として完成させることが必要です。

番組を制作していく中で、あくまで、視聴者の視点に立った、番組作りできるかということが、重要です。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら