企業や公共団体、あるいは個人やNPO法人などの宣伝を依頼され、企画を考えて実際に制作にあたるプロダクションに発注するのが、広告代理店の一般的な仕事の内容です。

クライアントである企業側の要望をくみ取り、どういった方法でどういった演出をするかといった企画を作り出すプランナーをかかえているのが広告代理店で、実際に映像やポスター、イベントなどを作っていくのは制作プロダクションのプロデューサーやディレクターを中心とした専門家集団です。

ただしこの棲み分けは若干流動的で、例えば電通や博報堂といった大手代理店の中には、案件によってはスタッフやキャスト、撮影方法や場所なども細かく企画立案し、後は本当に撮影するだけで、編集も代理店サイドで行うというケースもあるようです。

一方、高い映像技術を持つプランナーが独立して、企画立案から映像制作まで一貫して請け負うタイプの企業も増えてきました。

経済界に信用力のある日経新聞関連にトータルで情報発信が可能であるとか、地方局の番組制作にもかかわる強みを生かしての情報発信など、それぞれの特性を生かした戦略を持っているようです。

ターゲットとする年齢層などによってはWEB上に情報を発信した方がはるかに効果が期待できる現在、映像を取り扱う広告代理店に求められている技術も様変わりしてきています。

WEB上での公開を目的としたストリーミング配信等デジタルコンテンツの分野に強みを持つ企業の躍進が目立っているようです。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら