TV番組にはニュースやドラマ、バラエティーやドキュメンタリーなど様々な種類があり制作過程も異なります。

中でも一番の感動を与えてくれるのは、ドキュメンタリー映像だと思います。

ストーリーの流れに合わせ写し出された表情や風景などから、心の奥にある思いや考えを表現していきます。

映像の一場面だけであらゆる思いを汲み取ることができます。ドキュメンタリー映像は実際に起こった状況をそのまま撮影して伝えるのが目的ではありません。

実際に起こった状況の中にある真実の思いを伝えるのがドキュメンタリーです。ニュースなどの記録映像とは違い、ドラマやドキュメンタリーは、どうのように撮影したら真実の胸の内を伝えることができるかを、瞬時に判断しなくてはなりません。

カメラマンやディレクターのセンスが問われてきます。真実は必ずしも本人の表情から汲み取れるとは限りません。

それを察した家族の表情や行動、愛用している品物などからも胸の内を汲み取ることができます。

言葉にしなければ伝わらないことはたくさんある中で、相手の気持ちに気付くことは家族や恋人でも難しいことでしょう。

映像だけで表現するには、技術以外にインタビューによる情報や信頼関係も必要だと思います。

また、ドキュメンタリー映像を編集する作業も重要な一つです。数ある映像の中から、最も伝わる表現の映像を選んでいきます。

視聴者にどれだけ真実を汲み取ってもらえるかが、ドキュメンタリー映像の目的ではないでしょうか。

動画・映像制作のサービスや料金はこちら