デジタル化が定着している現在ではVHSを知らない子供たちも多いと思います。

映像の記録はDVDやBlu-rayディスクに焼き付けをするデジタル映像が主流となっています。VHSは1976年に家庭用のビデオテープレコーダーの規格として開発されました。

VHSカセットはテープの幅が2分の1インチで、録画時間は120分が標準となっています。パソコンやDVDが普及し、デジタルテレビの放送が始まると、アナログであるVHSでは対応できないこともあり、徐々に姿を消していきました。

VHS一体型のDVDレコーダーも生産終了となり、現在では再生専用のVHSプレーヤーが発売されています。

再生専用のVHSプレーヤーは、家庭にあるVHSをDVDに変換したりビデオ編集をしたりするのが目的で使用されています。以前録画したVHSを見ることも処分することもできずに、クローゼットの奥底に眠ったままになっている人は多いと思います。

DVDに変換したくてもやり方が分からなかったり、VHSプレーヤーが劣化し処分したりして手元にないという人も少なくありません。

VHSをパソコンに取り込むにはアナログ信号をデジタル信号に変換しなければなりません。

パソコンにはキャプチャーカードかキャプチャーユニットが必要となり、黄色・白色・赤色のケーブルを繋ぎ、パソコンに取り込んでいきます。デジタル信号に変換すると、デジタル映像となりビデオ編集もパソコンで簡単に行うことができます。

動画・映像制作のサービスや料金はこちら