雑誌が続々と発刊されているので、未だに動画の出番はないとする論拠も一部分では正しいです。色彩豊かな静止画からもイメージを膨らませやすいと言える証拠ではあるものの、一段と購買活動を促進させるにはファッションサイトと動画を組み合わせます。ファッションサイトであれば、動画を埋め込む作業はそれほど難易度が高くありません。静止画を公開することも可能である一方、結果として消費者を喜ばせるためにはイメージしやすい手段を取り入れるべきです。その一環で動画を作成するとしたならば、ファッションサイトで取り扱っている一品と撮影場所の調和を具体的に確認できます。イメージの能力が高い人物でも、静止画から判明する情報量は少ない傾向にあります。その一方で、さまざまな場所で撮影が行われていてなおかつ動きがあれば実際に得ようとしている洋服の良さを知ることが可能です。情報量が多ければ、購入するかどうかを判断しやすくなって消費活動を後押しできます。