人々から自社に強い興味を持ってもらうためには、上質なブランディング動画広告が効果的であることが知られています。
さらに近年では、ブランディング目的の動画広告・映像広告が人材採用に及ぼす効果にも注目が集まっています。
たとえば「明光義塾」の動画広告。実際の教室を舞台に「泣ける」CMとして話題になり、公開から1ヶ月で34万回もの再生数をマークしました。このCMが塾講師の心に響き、新規応募者数がアップしたばかりでなく、既にいる従業員の満足度も向上させたといいます。ブランディング動画広告が、自らの仕事への誇りを再確認する効果を発揮したと考えられます。
また、インターネットを通じ無数の企業が平等に採用活動を行える昨今、志望者は企業の知名度や労働条件では計れない「プラスアルファ」の要素をチェックするようになってきました。企業理念や「想い」を盛り込んだブランディング動画広告・映像広告を打ち出すことで、志願者たちは自然と、その企業に自らの「やりがい」を見出すこととなります。

ここで重要なのは、ブランディング目的であれば「言葉で伝えない」こと。良い会社であることを伝えたいがために説明を多くしてしまうと、内容は陳腐化しやすくなります。
良い動画広告・映像広告であれば、志望者みずからが広告塔となり、SNS等を通じ拡散、優秀な人材により多くアプローチすることにつながります。
見込み客を増やすためのブランディング動画は、欲しい人材を効果的に採用するためのツールともなり得るのです。