プロデューサーは、映画やテレビ番組を制作する上での、番組制作全体を統括する業務を担う人を言います。

番組制作全体というのは、ある作品の制作にかかわる企画立案・スポンサーとの交渉・予算管理・出演者の手配・スタッフの人事・その他管理業務などをいいます。

プロデューサーは、番組の目的や内容を明確にして、どのような番組構成で行う企画立案や、スポンサーとの交渉による番組内容の具体化および予算取り、番組出演者の交渉による出演者の手配、番組スタッフの選定および決定、番組製作の制作の進行状況の管理やスケジュール管理などを行います。

テレビ番組には、ニュースやワイドショーやドラマやバラエティやドキュメンタリーなどいろいろな種類がありますが、それぞれに携わるプロデューサーに求められるものが異なっています。

ニュースやワイドショーなどの番組では、生番組として、今が旬な情報をいち早く視聴者に届けるために、事実を冷静にかつ柔軟に受け止める対応力が必要となってきます。

ドラマやバラエティなどの番組では、新しい企画やこれからの時代を表すような新規のタレントを起用するなど、企画力や人材の発掘に能力のある人が求められます。

ドキュメンタリーでは、いままで関心を持たれなかったできごとや人物などを新しい切り口で表現するなどといった問題意識の持ち方が必要となります。

このように、プロデューサーとして能力が試されますが、いかに視聴者に伝えることができるかが重要です。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら