収録から放送までの時間がより短いことが求められるニュース映像など以外、テレビで放送されている映像のほとんどは、それらが放送されるテレビ局内ではなく、映像編集専門のプロダクションの編集スタジオなどで編集されています。

映画やDVDなども含めて、現在映像の編集には、デジタル技術を取り込んだノンリニア編集ソフトが使われるのが主流となっています。編集ソフトなどが開発される以前は、フィルムを切り貼りしてつなげていく編集方法がとられていましたが、今では特別なこだわりを持って作られる映画など以外そういった手法がとられることは無くなっています。

編集専門のプロダクションなどで使われている編集機材も、基本的には個人の動画編集に使われるものとそう変わりはありません。必要最低限の編集機材としては、以下のようなものが挙げられます。

映像編集ソフトに対応可能なコンピューター・ノンリニア映像編集ソフト・デジタルビデオカメラ・カメラを接続するためのケーブル・完成品を出力するためのビデオテープ。

そして、外付けのハードディスクドライブ・映像編集専用のジョグコントローラー・HDD接続用のケーブル・テレビモニターとそれに接続するケーブルなどが編集スタジオには揃っています。

編集ソフトで最もシェアーの高いものは、Mac専用の動画編集ソフト・•Final Cut Pro Xでしょう。ハリウッド映画もこの映像編集ソフトで作られているのです。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら