近年ブライダル業界では披露宴で結婚式動画を流す演出が人気を集めています。

新郎新婦の生い立ちや2人の出会いについて、感謝の意を込めてゲストやプランナーの名前を映画のエンドロールのように流しています。結婚式のオプショナルプランとして結婚式動画の制作もありますが、最近のパソコンには動画編集ソフトが組み込まれていることもあり、自分で結婚式動画を制作する人も増えています。

一生に一度のイベントを、オリジナリティー溢れた自分達のイメージ通りに仕上げることができます。

プロフィールビデオの制作はどのようなイメージで伝えたいかシナリオを考え、写真やBGMなど必要なデータを用意します。

必要なデータを取り込みタイムラインに写真を流したり、一度に複数の写真を並べたりすることができます。

画像を変形させたり、音声にエコーを聞かせたりと様々なエフェクトをかけることができます。

エフェクトはかけすぎると分かりにくい映像になってしまうので注意が必要です。

写真を上映する時間は1枚約8秒~11秒が適切となっています。

短いとストーリの展開が早く分かりにくく、長いと間延びした映像となってしまいます。

写真の枚数に合わせて時間を調整します。写真の説明をするためテロップを載せます。

編集が終わりDVDに書き込みをして完成となります。動画コンテンツは豊富にあり、無料で使用できるものもあります。結婚式動画に活用することで、クオリティーの高い映像が作れます。

 

プロのクオリティに興味あれば是非お問合せ下さいね。

動画・映像制作のサービスや料金はこちら