今やWEB動画配信の代名詞的存在のYouTube。動画・映像のフォーマットとして、既に国内トップの座を築いています。
このYouTube上で動画広告・映像広告を配信するためのフォーマットが、Googleの運営するTrueViewです。視聴したい動画が流れる前の、あの動画広告。5秒間は絶対に表示され、その後は視聴者がスキップしなければ流れ続けます。出稿企業にとっては30秒以上視聴されなければ料金が発生しないため、試験的な配信も可能です。
今回はそんなTrueViewの基本について、改めて整理してみます。

まずは、圧倒的な視聴者数。現在YouTubeの視聴者数は5,000万人を超え、既に若年層ではテレビの視聴を大きく上回るというデータもあるほどです。より多く広告露出を狙うのに最適なフォーマットと言えます。

そして配信する相手を絞れる機能。世界中にいる無数の視聴者の中から、年齢・性別・地域のみならず、好みやキーワードまで絞り込むことが可能です。ターゲットに効率良く動画広告・映像広告を届けることができるのです。

自社サイトに直接誘導できるのも、動画広告ならではのポイントです。視聴中にタップ・クリックされれば直接自社サイトへ誘導可能。スムーズな動線は、他にはない魅力となっています。

また、活用法によっては見込み客のクロージングや、ターゲットそのものの母体を増やすことも可能です。クロージングについては、自社サイトに来たことがある視聴者にだけ動画を見せることが出来るという機能で実現可能です。ターゲット増員に関しては、一度TrueView広告を視聴した人に対し、その視聴者が他のサイトを見ている際にバナー広告を表示できるという機能が対応。

以上、低予算から始められるTrueView広告についてのご紹介でした。
今後ますますユーザー数の伸びるYouTube、活用しない手はありません。