結婚式の披露宴で、あるいはクラス会や同窓会で、昔の動画を編集したものが上映されるといったことはごく日常的なことになっています。企業の会社説明会や学会の研究発表の場などでも、文字や静止画による説明や発表は徐々に減小し、動画・映像による伝達方法が多くの人に利用されるようになってきています。

より解りやすく、より印象的に、そしてより直接的に情報を伝えることができる映像の活用は、これからも益々増加していくことでしょう。大小あらゆる映像ニーズに答える、たくさんの形態のビデオ制作会社ができてきています。

企業のリクルート用ビデオの作成から、ホームページ内の事業内容紹介動画の作成などあらゆるケースで動画のニーズは高まっています。

個人でも、デジタルカメラに取りためた映像の保存に困っている場合や、記念品として個人のビデオを制作するというニーズも増えてきています。

まずはビデオ制作の目的などを確認する打ち合わせを行い、企画を立てて確認をし、撮影後は映像の編集、ビデオに収録して引き渡しという手順になります。

撮影のみを行って素材のまま引き渡しするケースや、撮影された素材を預かって編集のみを行う場合もあるようです。

結婚式や同窓会で使われる映像などは、編集のみを請け負っている例となります。

イヴェントや発表会などの撮影を依頼される場合もあるようで、この場合は、撮影のみの依頼も少なくないようです。

ビデオ制作会社間での価格競争が厳しくなっているようです。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら