小規模な家財道具程度であれば、DIYで作成したほうが安上がりですし完成時の達成感が大きいです。自分自身で組み立てた存在ですから、愛着がわいて長く大切に使おうとする気持ちが芽生えるので経済的とも言えます。定期的にDIYに取り組んでいれば作り方を心得ていると考えられますが、そうでないなら映像で疑問を解消するに越したことはありません。映像に収録されているDIYの流れは、たいていが作り方に特化しています。例外的に完成後の使用法なども見受けられますが、視聴者にとっての旨味が少ないのでそれほど多いとは言えません。多数派が知りたがっているのは、映像を視聴した結果として正しい作り方を把握することだからです。理解したいのはそれだけなので、後日談に該当する情報は求められていないというわけです。良質な映像を選ぶときに注意しておきたいのは、過去に配信した作品数が多い人物が投稿したものかどうかです。撮影に慣れているので、わかりやすく整えられています。