印象は見た目によって大きく左右される特徴があるので、高評価が得られる容姿のキャラクターに発表事項を説明させる企業は後を絶たないです。動画でキャラクターを活用しているときには、かわいい風貌がしばしば見られます。商売において厳しい印象を与える場面が必要なこともありますが、動画の配信対象が一般消費者であれば心が和むデザインのほうが良いと考えられます。キャラクターの外見がかわいければ、風貌と発言内容の隔たりを動画の視聴者に楽しませる取り組みが可能になります。柔らかい印象であるにもかかわらず利益を求める発言が確認できれば、それだけでも人は面白さを感じるからです。動画を活用すれば効果音を挿入する作業も難なくこなせるので、かわいさに拍車をかける結果にもつながります。ときには架空の世界観を表現しつつ発言内容を工夫させられる手法も導入できますから、考案した構成を変更することなく作品を生み出すことが可能になります。