動きのない広告が主流だった過去とは違い、今日では動画の埋め込みによって集客力を向上させる取り組みが活発化しています。埋め込み形式の動画を盛り込むと、閲覧者は目を向けるようになるからです。たとえば、多数派が顔を見れば誰であるかを認識することができる人物を起用して動画を作成したとします。当該動画の埋め込みが完了した広告では、他の媒体では見られないような人物の動きが確認可能です。手招きなどといったボディランゲージを有効に活用すれば、さらなる情報を追い求めてみようという考えが沸き起こります。全ての閲覧者が同様の感情を抱く可能性は低いですが、少なくとも動きが皆無な広告よりも集客の効果が高いと言えます。集客の目的としては、従来よりも多くの人物に情報の内容を与えることです。最初から確実性を追求するよりも、徐々にではあるものの知識として補充することになる脳の数が多くなる結果に着目したほうが目に見える成果が得られます。