あらゆる客層の方が利用しているWEBサイトは、マーケティング事業として企業にとって一番の宣伝効果と言っても過言ではありません。

視聴者は興味のある情報をWEBサイトより入手します。

24時間いつでも都合のいい時に見ることができるので、多くの方に支持されています。

数多くあるWEBサイトの中から、1人でも多くの人に見てもらうためには、視聴者の心を打つような動画コンテンツ作品を作ることも、WEB戦略のカギと言えるでしょう。

WEB動画制作は目的に合わせた台本作りから始まります。

伝えたいことを明確にすることで、短い時間でも視聴者に分かり易くアピールすることができます。

台本が決まるといよいよ撮影に入ります。撮影はプロに依頼したり、デジタルカメラにより自分で撮影したり、動画コンテンツを利用したりと様々な方法があります。

動画コンテンツには風景や人物、水中や空中撮影など種類が豊富にあり、プロの方以外に一般ユーザーが投稿した動画もあります。

自分で撮影や編集を行う場合には、デジタル映像での撮影をお勧めします。

デジタル映像の動画は、そのままパソコンに取り込むことができます。連動して編集や加工を行うことができるので大変便利です。

編集はそのまま映像を繋げるのではなく、伝えたいことが分かるようにデザインを加工します。

視聴者が途中で飽きてしまわないよう、テンポのいい動画に仕上げます。

WEB動画制作は特別な映像設備がなくても、パソコンにより誰でも制作することができます。

 

動画・映像制作のサービスや料金はこちら