動画マーケティングのマーケティングとは、お客様に恩恵を与えてその結果対価をいただくことですが、それを動画という新しい手法を用いて行うことです。

動画を用いる理由としては、スマホやタブレット端末の爆発的な普及で、簡単に動画をWEB上にアップロードや、ダウンロードできるようになり、動画に触れる機会が格段に増えたために、企業においては、動画のマーケティングへの活用という観点から注目し始めたからです。

従来の宣伝効果のあったテレビコマーシャルをWEBサイトにそのまま配信しても、同じようなマーケティング効果は、出ないという効果測定が出ています。

それは、テレビの視聴は受動的であり、WEBサイトの閲覧は能動的であるからです。

従って、動画マーケティングを行う基本としては、どのような動画をどのような目的で制作するか、動画でのSEO対策、パソコン・スマホ・タブレット端末のどれでもアクセスできることです。

事例としては、あるカメラメーカーの工場の内部をバーチャルに見せていたり、カメラデザインが決定されるまでを写真やイラストを用いてスライドショー的に見せたりしていて、そのカメラメーカーの企業としての魅力を配信しています。

また、ある化粧品メーカーでは、化粧品はその使い方で効果が変わるということを正しく伝えるために、モデルさんが実際に化粧品を使っている動画を配信して、お客様に効果を実感してもらう取り組みをしています。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら