動画マーケティング戦略におけるROI(投資に対する効果)を最大限にするには、上質な動画制作と同等かそれ以上に、効果的な配信方法を熟考する必要があります。言い換えれば、制作した動画広告の打ち出し方に十分な戦略がなければ、どんなに良い動画をもってしてもマーケティングとしては成功できません。

そこで今回は、動画マーケティングにおける『成果を最大化させるためのポイント』を整理しておきます。

まずは動画配信サービスを厳選することです。代表格であるYouTubeは月間10億人を超えるユーザーに配信できる世界的なプラットフォームであることはあまりに有名です。あらゆるユーザー層ごとに効果測定・分析もできるため、見込み客を増やしたい場合にうってつけのサービスと言えます。

もちろん、YouTube以外にも多くの動画配信サービスが普及しています。「サイトへの埋め込みがしやすい」「SNSと連動しやすい」「モバイル向けである」といった各サービスの強みを比較して、ターゲットや目的に応じ、最適な配信プラットフォームを使い分けてみてはいかがでしょうか。

また、動画広告との親和性が非常に高い「Google AdWords」の活用も外せません。配信先のユーザー層を細かく設定できるツールで、この機能をターゲット設定・効果測定に戦略的に活用することで、更なる広告成果が期待できます。

最後に欠かせないのは、ソーシャルメディアへの投稿。この活用により、集めたユーザーの声から重要なヒントを得ることができるでしょう。また、ユーザーによるシェア行為で、波及的に興味を持つ層へと広告を届けることができます。

おすすめはソーシャルメディアへのマルチポストができるツール、「Cloudplay」。facebookやtwitterからの流入等を計測することが可能であり、ROIを視覚化するには最適なツールです。

戦略に対するユーザーの反応を検証し、次なる戦略へ―。このサイクルが動画マーケティング成功を生み出します。