動画広告・映像広告におけるマーケティングとはずばり、「伝えたい、届けたい情報を動画として制作し、自社との距離を縮めていく活動」のこと。
さらにソーシャルメディアではユーザーとの手軽で強固な接点が生まれるため、最近では動画広告・映像広告は自社のファンになってもらうためのツールとして市場に深く浸透しつつあります。
それではユーザーにとって心地よい動画広告との「距離感」とは、どのようなものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

例えば若い女性から圧倒的支持を受けている動画ファッションマガジン、「C CHANNEL」。昨年より動画広告の提供も開始したことで知られています。
「若い女の子」をターゲットとする企業にとって、最も効果的にユーザーと繋がることができるのが、このC CHANNELなのです。
「テレビCMを打つほどの規模ではないけれど広告を出したい」「毎週出る新商品をPRしたい」というニーズにマッチした新しいプラットフォームであるC CHANNELが大事にしているのが、この「距離感」。手の中に納まるスマホというツールは誰にとってもパーソナルな存在で、例えばテレビとは比べ物にならないほど、距離の近い存在です。このような特性を持つスマホでの視聴に特化した同社の動画広告・映像広告では、ユーザーが「自分の事」として認識できるような内容にこだわったコンテンツ作りがなされています。

こうした例から動画広告・映像広告全体について考えると、「せっかくコストをかけて作ったから」と、テレビCMとWEB動画広告を同じ内容にすることは、非常にナンセンスであると言うことができます。
「公」の要素の強いテレビとパーソナルなスマホ。視聴される状況やターゲットに合わせ、適切なマーケティングに基づいたCM制作をしていただきたいと思います。