一口に映像制作会社と言っても、取り扱う媒体やジャンル、規模などその種類は様々です。

東宝や東映といった大手映画製作・配給会社も、北野武事務所のように映画を企画する会社も、ジブリといったアニメーション制作会社も、CMやPV、DVD製作会社も、全て映像制作会社です。

大手映画製作会社の多くは、自社で制作した映像作品の他に、ハリウッド映画などの配給権を買い、自社の持つ映画館やそれに付随する施設などでそれらを上映して利益を得ていて、その業務内容は多岐にわたっています。

情報を発信する媒体としてテレビがどんどん普及していった時代、商品を宣伝する手段としてCMの役割は絶大なものとなっていきました。新聞、雑誌などの紙媒体の何倍もの予算をかけて、商品のコマーシャルフィルムが制作されてきました。

CMは、広告代理店が企画し、映像制作会社が制作するのが一般的です。

そして近年、多くの人たちが一人一台、小さなPCと言っても遜色ないスマートフォンを持ち歩く時代に、WEB動画の訴求効果はその存在感を益々高めていて、企業広告の場としても、作品発表の場としても、主流の座を占めつつあると言われています。

デジタルカメラの技術の進歩などにより、個人が撮影した映像もインターネット上などにたくさん発表されるようになってきました。

簡単で便利な編集ソフトも次々に開発され、今や個人と専門の映像制作会社の差はそれほど大きくないと言えるのかもしれません。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら