最近よく見かける広告の多くはバナー広告といわれるサイトの一部に画像広告を打ち出すものが主流です。この手の広告の弱点は効果の割に費用がかかる、サイト内の本文と関係のない広告が出る、不正表示や誇大広告が出る可能性があることです。

一方でパーソナライズド動画では「パーツ動画の組み合わせ」と素材の「スーパーインポーズ」によって、ユーザーに応じた無限のパターンの動画制作が可能となっているのが特徴です。

例えばユーザーの年齢、性別、職業などの個人データに応じて、ベースは同じ動画広告であってもユーザーのニーズに沿った部分を強調した内容の動画広告を流すことが可能となります。

具体的にショッピングサイトの動画広告を例に取ってみると、30代の男性会社員がパーソナライズド動画を見た際には、その男性の趣味嗜好にあった商品が紹介され、おおよその年収に応じた価格帯のものをピックアップして紹介するといった内容になります。20代女性会社員の方のケースでは美容に関する商品が紹介され、割とお手頃な価格帯のものがピックアップされるようになります。

このように単なる画像広告とは異なり、ユーザーがより興味を持って積極的に動画を見るようになります。結果としてかかる費用以上の集客が見込めるようになります。

また、専用のプレイヤーが不要で、スマートフォン、パソコン、タブレットなどユーザー環境に依存することなく動画の提供を行うことができるのです。

パーソナライズド動画広告は新しいジャンルの広告として大変注目を浴びています。