広告制作には、マスメディアの媒体を使用する場合とセールスプロモーションによる場合とインターネットの媒体を使用する場合があります。

マスメディアの媒体を使用する場合には、一番知名度が高いのがテレビコマーシャルで、ラジオコマーシャル、新聞広告、雑誌広告などがあります。

テレビコマーシャルは、広告制作会社が、広告元の企業や広告代理店からテレビコマーシャルを請け負って、企画立案・撮影・編集を経て完成させるものですが、映像・音声・音楽といった視聴者の感覚に訴えることができる要素を多く含んでいますので、広告元の企業の思いをいかに盛り込んでいくかが、重要なポイントとなってきます。

セールスプロモーションによる広告制作は、販売促進に非常に寄与するものです。

消費者への直接的な働きかけとしてのダイレクトメール広告は、セグメンテーションを使用した特定の顧客に絞った製品やサービスに使用できますし、毎日配達される新聞の折り込みチラシは、地域に密着した情報を期間限定で掲載することで消費者の囲い込みに使用できます。

インターネットの媒体を使用する場合の広告制作は、ホームページに掲載されますバナー広告があります。

バナー広告から、自社サイトに導くことで、テレビコマーシャルのような時間制限が不要な媒体として、独自の動画を制作して流すということも可能です。

そのためには、バナー広告をいかに多くの消費者に認知してもらえるかが、重要なポイントになります。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら