企業や行政等公的機関、各種団体などがマスコミに発表する記事である「プレスリリース」。近年ではネット上で公開されることがほとんどであるため、あらゆる人が直接プレスリリース記事にアクセスし、読み込むことのできる環境が整っています。
動画広告・映像広告の最先進国であるアメリカでは、そんなプレスリリースに動画を添付することが標準仕様となりつつあるのです。そしてもちろん、この流れは日本国内にも徐々に波及してきています。
今回は、プレスリリース向けの動画制作・映像制作について考えてみたいと思います。

プレスリリースに動画・映像を埋め込む一番のメリットは、「ブランドストーリー」を文章と共に伝えられること。そもそも記事を読む人は該当の新商品や取り組みに興味を持ちサイトにアクセスしていますので、まずは文章からその企業のブランドカラーを理解しようとするでしょう。その上で世界観の徹底された動画広告・映像広告を視聴すれば、さらに大きな印象が残ることになります。

また、現在はウェブコンテンツのリッチ化が進んでいます。プレスリリースにおいても動画や映像によりクオリティを高めることで、より多くのユーザーの目に留まり拡散されることが期待できるでしょう。

さらに、SEOの観点でもメリットがあると言われています。記事にSEO対策 として外部リンクを施した動画や映像を埋め込めば、検索順位の向上が見込めます。

記事の文章で論理的に認知を促し、埋め込んだ動画広告・映像広告で感情面にアプローチする。この相乗効果をイメージし、「プレスリリース×動画」を企画してみてはいかがでしょうか。