日本で最初にアニメーション制作会社を立ち上げたのは、「鉄腕アトム」などで知られる手塚治虫とされています。

当時のアニメーションは全て手書きの原稿で作られていて、一本の作品を作り上げるのに大変な労力と時間が必要とされていました。度々経営状態が悪化した虫プロダクションは、経済的には惨憺たるものであったようですが、作り出された作品はその後の日本文化に多大な影響を残しました。

現在日本が誇るアニメーション技術は、彼の存在なくしては考えられないことでしょう。

世界的にも有名な宮崎駿監督を擁するジブリも、非常に影響力の大きな存在です。

アニメーション制作会社には、その企画から制作までを一貫して担う元請制作会社と、製作のみを担う下請け制作会社、そして背景や機械部品、車など専門の分野を持つ専門スタジオがあります。

アニメーターを正社員として雇用している事業者は少なく、仕事によって個別に契約する契約社員のような形態が主流となっています。

アニメーション制作会社は主に仕事ができる器としてのスタジオを管理して、仕事によりアニメーターを融通しあっているケースが多いようです。

現在、アニメーション制作会社の多くが三鷹市や武蔵野市などの中央線沿線に集中しているのは、アニメーターを融通しあうのに、狭いエリアに集中している方が有利だからという側面もあるようです。

アニメーション制作技術は、日本が世界に売り出し得るとても有望なコンテンツの一つです。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら