まず、映像を撮るにあたって、デジカメ、もしくはビデオカメラで悩むかと思います。
今回は、デジカメにあった撮影の場面をお伝えします。
一番の使いやすさは、軽量で、持ち運びが気軽にできること。そして、綺麗な映像を時間をかけずにとることができます。
静止画も動画も1台で撮影できるので荷物が少なくなり、後で写真を探すのも簡単です。
また、レンズを自由に交換することができるので、魚眼や望遠など様々なシーンを一台でとることができます。
ピントをあえて外し、ぼかした映像を撮るのにも最適です。
画質はビデオカメラに劣らず高画質の商品が多いので、室内や夜空など光が少なく、撮りにくいシーンでも綺麗に撮影することができます。
動画の撮影中は、静止画に比べバッテリーを多く消費するので充電には気を付けなければいけませんが、
YouTubeやTwitterなどにあげる時間の短い動画はデジカメを使った撮影のほうが高画質で、簡単に加工ができるのでおすすめです。