映像制作を進めるにあたり、最初に用意しておきたいのが絵コンテです。
画コンテとも呼ばれる事がある、言わば映像の台本ですが、これがなければ映像制作の要であるカメラワークとアングルが決められません。

一流の映画監督は皆、絵コンテを自作しています。
実写、2Dアニメ等、分野に関わらず、コンテは必需品であり、人気アニメーション作品を手がけた監督の絵コンテは書籍化される程のクオリティを誇ります。
コンテを切る事でカメラを回す事なく、レイアウトを設定出来ますし、
鉛筆とコンテ用紙さえ用意すれば、どこでも映像制作のシミュレーションが可能です。

機材を用意する前に紙の中でレイアウトとアングルを試行錯誤すれば、時間と費用が大幅に節約出来ます。
またコンテが一通り完成した後で、それをパラパラ漫画の容量でスキャニングし、
仮撮影すれば、本番の映像制作をする前に「尺」や「画面構成」が分かりますので、良い部分はそのまま採用し、悪い部分や気になる部分は即座に手直し出来ますので、制作が非常に捗ります。