映像制作をする時の動画編集の流れは、制作する会社や人によって様々ですが、基本的にはまずは、メインとなる動画を撮影します。このときは主体となる人やモノだけを撮影していて背景はブルーシートなどで同色にしておきます。そして別途背景を撮影して、編集作業で背景画像の上にメインの動画を編集で入れていきます。そして、効果音や音声、バックミュージックを加えていき、エフェクトを最後に加えていくのが映像制作における基本パターンです。
メインの画像や背景の画像音声は効果音といったものを別々にするのは、最もいいものを組み合わせたいからです。すべてを同時に撮影して使うのが効率はいいのですが、それだと最高の映像制作とはなりませんから、それぞれを別々にして、最もいいものを組み合わせるのが一般的です。デジタルデータはこういったデータの切り貼りが自由に出来ることが大きなメリットで、これによって迫力のある映像は綺麗な映像がつくり出せるのです。