映像制作の効果は、見ている人により多くの情報を伝えることが可能になることです。文字や絵だけでは語りきれないことを、映像にすることでより深い理解を得られます。映像制作に用いた商品などの魅力を分かってもらうと、ブランドのイメージが定着して宣伝にあまり多くの費用をかけなくて済みます。映像から得られるものは人物や物の動きだけではありません。その場の雰囲気や音楽など様々な演出をすることで、同じ内容の映像であってもイメージを変えることができます。また映像が流れている間は、多くの人が画面にクギ付けになります。一枚の資料の場合、一読したり後で読もうと考えて全く読まなかったりで最終的に情報収集が不十分なことがあります。特にブランドになっていない商品や企画などの資料は興味のない人には価値がありません。人は動くものを目で追いかけやすいので、映像を通してその存在を知ってもらい、その感想を多くの人と共有させる効果があります。