物を作ることを「せいさく」と言いますが、漢字で表すと下に衣の付いた「製」と付かない「制」の2種類あります。

両方とも同じ物を作るという意味合いで使われており、どちらもよく目にする漢字です。

製作とは製造するという意味を持ち、道具や機械などを使用して物を作ることをいい、大量生産することも可能です。

制作とは整えるという意味を持ち、新たな自分のアイデアを作品とすることをいい、美術などの芸術作品となります。

一般的にはこの様な意味で使い分けられている「せいさく」の漢字ですが、映像業界においては両方の漢字が混同されています。

通常映画やテレビ、舞台などは芸術作品なので「制作」の表記となるところですが、実際には「製作」と表記されていることが多くあります。

映像業界においての「せいさく」の意味は、製作は資金調達・出資・宣伝・企画などを指し、制作は実際に作品を作るために作業することをいいます。

製作と表記される場合には実際に作品を作る制作も含め、作品そのものに関わる全てのことをいいます。

この違いを把握した上で改めて映画のエンドロールやDVDのパッケージなどを見ると、作品を作った会社の関係が解り漢字の違いも理解できることと思います。

しかし、テレビ番組に関しては、テレビ局が出資以外に実際に作品を作ることも多く、各テレビ局により独自の使い分けがされています。

どちらにもなり得る映像業界において「製」と「制」の使い分けは難しいものと思います。

 

動画・映像制作のサービスや料金はこちら