映像を撮影してから編集したくなったときに必要な道具は、高いスペックのPCです。スペックが良いほど編集作業が楽になるので、可能な範囲内で最良の一つを揃えておくのが良いです。とはいえ、部品にこだわるにつれ費用は増加していきます。妥協点を定めておくべきなので、具体例から最低限のスペックを把握します。たとえば、アクセスしただけで大画面の映像が流れてくるサイトがスムーズに表示されるのであれば編集で苦慮する頻度は低いです。映像の他にも画像などの大容量コンテンツが点在している状況下においても快適な処理速度が保てるのであれば、十分すぎる性能を持っていると判断できます。また、映像に手を加えるときには欠かせない技能があります。作業を能率的に進められる道具を迷うことなく扱えることです。簡易的なものであれば直感的に操作できるものの、細かい部分には対応できません。多機能な道具を難なく使いこなせれば、細部までこだわりを持って制作活動に勤しめます。