映画を製作する時の映像製作の仕事には、大きく分けて、企画段階・準備段階・撮影段階・仕上げ段階の4つの段階があります。

企画段階では、どのような内容の映画をどのようにして製作するのかというアウトラインを決めることになります。

映画のタイトル・ストーリー案・映画監督候補案・主演や出演者の候補案・予算案や映画の規模・スケジュール案・プロモーション案などの全ての要素を検討して、企画案を決めます。

決まった企画案に基づいて、映画監督や脚本家などの関係者により、具体的な検討がなされ、脚本の製作やスポンサーによる資金の調達が開始されます。

準備段階では、撮影に向けての準備として、スタッフへの仕事の交渉やオーディションの実施などによる出演者の決定や撮影場所探しなどを行います。

スタッフが決まると、カメラマンや照明担当や美術担当や衣装担当やメイク担当などの各スタッフと綿密な打ち合わせを行い、撮影に向けて万全を期します。

映画作製後の劇場への配給やプロモーションについても並行して進めて行きます。

撮影段階では、映画監督の下、出演者やカメラマンはじめスタッフ全員で脚本およびスケジュールに基づいて、撮影を実施します。

仕上げ段階では、撮り終えた映像をどの順番で組み合わせて行くのか、どのような音声や音響や音楽を入れて行くのかといったことを一つ一つ検討しながら、編集していきます。

音声や音響では、撮影後のアフレコやリーレコなどの処理をする場合があります。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら