映像制作を外部の専門的なサービスに業務委託する会社があります。
プロモーションビデオや社内マニュアル、製品をPRするネット動画など、
そういった商材を持っていた方が、マーケティングやビジネスの面に優位に立てます。
ただ、同じ映像制作を委託するならば、格安のサービスを使った方が良いケースがあります。

外部に向けてサービスや理念、製品をプロモーションするセールス用の動画であれば、費用をたっぷりと投じるべきです。
一方で社内向けに作るマニュアルならば、費用対効果を最優先すべきです。
業務用製品を正しく使うためには、正しいステップを踏まなければいけません。
ハードウェアはもちろん、近年ではパソコンソフトの使い方も社内で周知徹底しなければいけませんので、
エリート社員に声をかけて、パソコンを実際に正しく操作している様子を撮影し、映像制作をしましょう。
無駄な装飾やBGMなどを排する事で、費用対効果は格段に向上しますし、社内向けであれば、映像とテロップ、ナレーション程度のシンプルな映像制作でOKです。
そういったシンプルな会社を選択すれば、費用を大きく削減出来ます。