私たちは日々、映画やテレビ番組、DVDやビデオ、CMやアニメーションなど様々な種類の映像作品に囲まれて生活しています。

目的をもって見ている物、特別見る気は無くても自然と目に入る物など、好むと好まざるとを問わず、常にそれらの映像から多くの情報を得ています。

それらの映像を作っているのが、映像制作プロダクションと呼ばれる事業者です。東宝や東映といった大手映画会社は、海外の映画の上映権を買ってくる場合もありますが、国内で映画を制作してもいます。

タレントなどが所属する芸能プロダクション、テレビ局などの放送局もそういった映像制作にかかわる部署を持っていて、映像制作プロダクションとしての一面も持っています。

また、DVDやミュージックビデオを専門に制作している会社や、テレビやインターネット上で常に発信されているCMを制作している映像制作プロダクションもあります。

常に生み出され続け消費され続ける映像作品を、実際に作っているのは社員100人以下の中小企業がほとんどです。

テレビ番組などは、希望や提案がスポンサー企業などからなされて、それに対する企画を行う広告代理店が存在し、放送局と実際の制作スタッフが話し合いながら作り上げていくケースが一般的です。

さらに、一般の企業や公共団体、個人生活においても、映像作品の需要は高まっており、様々なニーズに答える新たなサービスが生み出され、こうした一般企業や個人向けの映像制作市場は拡大し続けています。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら