ドラマやバラエティー番組などのように事前に撮影をして録画しておくのではなく、その日の出来事をリアルタイムで伝えているニュース番組は、多くが生放送で行われています。

記者は全国各地にあるニュースのネタを仕入れ現場に取材に行きます。ニュースの映像を撮り、原稿の記事を作成して放送局へ入稿します。記者よりニュース原稿が上がってくると、アナウンサーの準備や台本作成、スタジオの準備、ニュース映像の編集、アートワークが同時進行で行われます。

アナウンサーの準備はニュース報道の責任者によりに原稿がチェックされ、アナウンサーに渡されます。新たな情報が入ることもあり、原稿は本番直前まで何度も修正が入ることも少なくありません。

台本作成ではディレクターにより作成された番組の流れを台本としてスタッフに配ります。ニュース映像や音声は電子化されており、番組の進行に合わせて自動的に切り替わります。スタジオの準備はテレビ局にあるスタジオにニュースのセットを建て、カメラや照明、小道具などが準備されます。

映像の編集ではニュースの記事に合わせて、ニュース映像の長さを調整します。

アートワークではニュース番組でよく見られる文字のスーパーや図、写真など視聴者が分かり易いように事前に準備し番組中に挿入します。

これらの作業が終わるとニュース番組の本番を迎えます。本番中に新たなニュースが飛び込んでくることもあり、現場の映像をそのまま流してアナウンサーが説明します。

動画・映像制作のサービスや料金はこちら