スマートフォンの動画広告は、Opera MediaNetworkのデータによると、アフリカやアジアではウェブブラウザが多く、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアなどではアプリが多く使用されています。

このような各国の状況を考慮すると、海外向けの動画広告ではアプリでのプロモーションが、国内向けの動画広告ではウェブブラウザでのプロモーションが適切だということがわかります。

スマートフォン動画広告として様々な広告媒体が存在しています。AppVador、FIVE VIDEO NETWORK、LINE、YouTube、LODEOなど、他にも数多くの企業がスマートフォン動画広告業界に参入をしています。

企業ごとに特色は異なり、ダイレクトレスポンスの獲得とアプリに特化した会社、ブランディングに強くアプリとウェブブラウザの両方に対応している会社、5秒間の尺の短い動画をコンセプトとし非ゲームアプリに特化した会社などそれぞれの特徴を生かした動画製作を行っています。

何故これほどまでに多種多様な企業がサービスを展開するようになったかというと、2014年にインターネットの利用時間がテレビの視聴時間を超えたことが関係していると言われています。

今までテレビ広告一本でやっていた企業も加わり、今後動画広告業界はスマートフォン動画広告を巡り熾烈な争いを繰り広げられることが予測されます。