開発陣からしてみれば喉から手が出るほど欲しくなるはずであると言える一品は、必ずしも見込み顧客の購買意欲を高めるわけではありません。そのものの特徴を踏まえて正体を明かすように努める活動が不可欠なので、何かしらの活用手法を編み出すことが急務となります。かつては屋外に用紙を貼り付けることによって通行人に意識を向けてもらう取り組みが全盛でしたが、現代社会では動画を有効活用した方法が繰り広げられています。動画を導入することによって、実物を全方位から映し出すことが可能です。表面的な形よりも細部まで知りたいと考える人物たちの気持ちを汲めば、購買意欲を高めるには十分な結果が生じます。動画には枠の範囲内で自由度の高い表現ができますから、同社製の他の一品との対比を行うなどの活用もできます。購買意欲が高まる瞬間は、往々にして過去のものを凌駕している事実が明らかになったときです。動画であれば、短い時間であっても伝えられます。