デジタルカメラやビデオカメラの普及により、一般的にも浸透しているデジタル映像は誰でも簡単に撮影でき、パソコンに取り込んだりDVDやBlu-rayに焼き付けたりすることができます。

以前は8mmビデオが家庭で使用されており、フィルムが大切に保管されている家庭もあることと思います。

映写機により映し出されたフィルム映像は、ビデオカメラで撮影したデジタル映像に比べると画像が荒いように思います。

しかし、映画で使用されているフィルムは35mmが多く、情報量が多いので画質も格段と良くなります。

CGや3D映像が作り出されている中で、フィルムからデジタルに徐々に移行しつつあると思います。

家庭では馴染みも深いデジタル映像も、映画の世界ではまだフィルム映像の画質を超えるには相応の技術が必要とされます。

引き伸ばして大きなスクリーンで上映するには、画素数だけでは補えない部分もあります。

CCDとフィルムでは色や階調の表現が異なります。

フィルムに似た出力特性を行うことで、デジタルカメラでもフィルムカメラのような感覚で撮影することができます。

映画で使用されている35mmフィルムは、とても高価で機材は大きいので素人では扱うのは難しいです。

デジタルカメラは手軽で持ち運びも便利となり、とても身近な存在となりました。

自分で撮影した映像をパソコンで編集・加工することができるので、デジタル映像の需要はこれからも増えていくことでしょう。

 

動画・映像制作のサービスや料金はこちら