CM製作費とは、スポンサーからCMとして依頼を受け、どのようなコンセプトで表現するかといった打ちあわせを受けて、広告代理店や制作会社が、企画段階から最終納品までにかかる費用を言います。具体的には、企画段階では、企画構成費としてCMをどのように訴求してどのように見せるのかといった点をスポンサーと打合せして決定するための費用があります。企画構成が決まれば、それを具体的なシナリオとして作成する費用があります。企画構成が決まれば、撮影に入るわけですが、撮影機材費やカメラマン費用や規模が大きな撮影になるとアシスタントの費用やスタジオ使用料や照明費用やロケ地の借用料やクレーンやレール移動車などの特殊機材費用やタレントなど出演者やスタッフ費用などがあげられます。撮影後、編集作業として、映像編集費用やコンピュータグラフィックス(CG)を使用した場合はその製作費や、最近のCM制作には、音楽を使用することがほとんどであるので、BGMや効果音の費用やナレーターの人件費などがあります。その他の費用として、旅費交通費や納品形態によるダビング費などがあります。CM製作費の金額は、一概には述べられませんが、300万円~数千万円がかかると言われています。それは、スポンサーの意向に大きくかかわるのですが、国内海外の有名なタレントなどを使って、有名人にふさわしい海外ロケを行うなど、自社の商品を最大限に視聴者に訴求したいという意向が反映したものです。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら