CMは限られた短い時間の中でいかに分かり易く、的確に伝える事ができるかが大切となります。

凝ったデザインのCM制作をしても、視聴者に主旨を伝えることができなければ意味がありません。

印象に残るCMは知らず知らずのうちに耳に入り口ずさんだりします。

映像以外に人から人へと広がり新たな宣伝効果を生み出すこともあります。

CM作りはどのようなイメージで視聴者に伝えたいかを考え企画します。

アイデアを見出すのは容易ではありません。台本や絵コンテを使用してCMのイメージを掴んでいきます。

撮影を行うにはカメラマンやキャスティング、撮影場所などを準備しんなければなりません。

限られた時間の中でスムーズに撮影が行われるように、構図を決めて支持をするディレクターが重要な役割となります。

近年ではハイビジョンが普及し、ハイビジョン映像が多くなりました。

ハイビジョン対応のテレビを使用している家庭は多く、テレビ局ではハイビジョン映像が増えています。

高画質のハイビジョン映像でCM制作をすることで、臨場感のある映像になると思います。

撮影した映像はパソコンに取り込み、編集作業を行います。

編集は不要な部分をカットして繋げるだけでなく、イメージに合わせたデザインを加えることで、視聴者の目に止まるCMとなります。

CMは最後まで見てもらうことが重要で、いかに視聴者の興味を引き付けることができるかがポイントとなります。

ナレーションを行うことで分かり易いCMに仕上がります。

ダブリュCMのCM制作のサービスや料金はこちら