最近は、電車やバス、航空機の中などでもデジタル化されたCM映像を目にすることが多くなりました。

街頭のオーロラビジョンに映し出されたCM映像の存在に、もういちいち驚く人などいないでしょう。

テレビを見なくなったと言われる最近の若年層であっても、企業の広告映像を目にしないことは無い訳です。

1960年代、一般家庭に普及したテレビに映し出されるCM映像は、高度経済成長からバブル経済に至るまで、個人消費を誘発し、日本の市場経済は旺盛に拡大し続けました。

15~30秒の短い時間の中で、いかに商品を印象付けるかにしのぎを削り、CM業界は拡大し続けます。商品を売りたい企業の要望を捉えてCMの基本案を作り出すCMプランナーは、広告代理店に所属していて、そこから依頼を受けて実際にCMを作っていくのは、映像制作プロダクションのスタッフたちです。

キャスト、場合によっては動物やアニメーション、撮影スタジオの手配やロケの手配、照明や音響など扱う商品によっては最高レベルの技術を求められるスタッフを手配し、CM撮影は行われます。

大企業の商品CMともなれば、たとえ30秒ほどの作品でも大きな利益を生むため、CM撮影に従事する人の数は、ドラマや映画撮影の現場と遜色ない場合も少なくありません。

一度の撮影素材で、15秒バージョン、30秒バージョンといった複数の編集バージョンが作られ、流されるスポットの秒数、あるいはWEB上かテレビかによって使い分けられています。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら