9月28日、米Facebookはブランド構築に最適といわれているテレビCMと自社の動画広告を効率よく結びつける指標として「TRP購入」を含めた4つの新機能を発表しました。

Facebookがニールセンに委託した調査によると、Facebookの動画広告をテレビCM広告の補足材料として用いることで、効率と効果が向上することが明らかとなりました。

テレビCMとFacebook動画広告との相乗効果が狙えることが証明された為、Facebookは動画広告のプランニング、購入、及び効果測定の指標としてTRPを利用できるようにしました。

マーケティング担当者は、全体のTRP目標を念頭に置きつつ、テレビとFacebookを組み合わせた広告キャンペーンをプランニングし、TRPの一部をカバーする為にFacebookの動画広告を直接購入することができる(日本での発売日は未定)ようになります。

また、ブランドの認知度アップに向けた最適化により、広告を思い出してくれる可能性の高い広告視聴者を見つけ出すことが可能となります。

第3に、ブランド調査・コンサルティング会社のミルワード・ブラウンと提携することにより、ブランドリフト調査が実施可能となりました。このことでブランドリフト効果による消費者の動向をFacebookとInstagramの両プラットフォームで測定することができ、より明確な広告効果を知ることができるようになります。

第4に、カルーセル広告が動画にも対応することで、よりキャンペーンのパフォーマンスを高めることができます。

今回の新たなFacebookのサービスを利用することで、より効果的な広告制作を行うことができるようになることでしょう。