世界中から大多数のユーザーを抱えるGoogleにYouTube。2大巨頭ともいえるこの2社が近年提唱している戦略に、「HHH戦略」が挙げられます。企業の動画広告や映像広告を成功させる上で欠かすことのできないこの戦略について、今回は詳しく考えていきます。

HHH戦略とは、企業の動画マーケティングを3つの段階に分けて考え、Hero、Hub、Hygieneとそれぞれの段階に応じたコンテンツで進める戦略。これにより見込み客の集客からクロージングまでを統一したストーリーの中で行うことができるのです。

第一段階の「Heroコンテンツ」とは、多くの人々に企業ブランドを認知させるコンテンツを指します。
感動する、かっこいい、面白い等、インパクトの大きなCM制作が求められることから「ヒーロー」の名が付いています。いわゆる「バイラル広告」がこれにあたります。
動画・映像広告のクオリティ重視のため、他タイプのコンテンツよりもコストや工程数がかかる傾向にあります。

第二段階「Hubコンテンツ」とは、視聴者に「他のシリーズも見たい」と思わせるような動画・映像広告のことです。ユーザーの求める情報を定期的に配信しリピーターを獲得していきます。代表的なものはエピソード配信。企画・工程に手間はかかりますが、企業の工夫次第でコストカットできるタイプのコンテンツとなります。

最終である第三段階は、「Helpコンテンツ」。Q&AやHow to動画などのことで、リピーターを顧客に変える力を持ったコンテンツです。商品やサービスのことを深く伝える効果があるため、潜在的な顧客候補を実際の顧客へと昇華させるのです。
Helpの名の通り、ユーザーがピンポイントで必要とする情報を提供する伝える必要があります。リアルな疑問に答える「お客様の声」などの動画も有効と言えます。

「Hero」で注目を集め「Hub」で見込み客へ。そして「Help」で顧客へとクロージング―。この動線を作ることが動画制作の鍵となります。