Instagramはこの度、「60秒」動画広告・映像広告の配信を開始しました。ビジュアル・デザインに強いInstagramは、ソーシャルメディアの中でも企業のブランディングとの親和性が非常に高いツール。今後はさらにブランドストーリーが伝えやすくなったと言われています。具体的な内容に迫ってみましょう。

周知のとおり、Instagramではこれまでも動画広告・映像広告の配信がなされてきました。しかしその尺は最大30秒。この尺を今年の2月3日に、60秒にまで拡大すると発表されたのです。最初にこの60秒動画広告を配信するのは2社で、携帯電話会社「T-mobile」と映画配信会社の「Warner Brothers」が名乗りを挙げました。その後、数週間をかけて他社でも本格的に展開される予定です。

4億人ものアクティブユーザーを抱えるInstagram上で広告の尺が30秒から60秒に拡大されることは、そのブランドの世界観をより豊かに表現できるようになるということ。
各ユーザーのセンスや映像クオリティが重視されるInstagramは、他のメディアに比べクリエイティブの精度の高さが求められます。だからこそ、60秒という長さの動画広告・映像広告が成功すればエンゲージメント、ブランドに対する愛着は飛躍的にアップすると見られているのです。また、今後は1つの広告枠に複数の広告を掲載する「カルーセル広告」をオプション設定する動きも見られ、ますます広がりを見せています。
Instagram上の「愛されるクリエイティブ」の誕生と増加に、世界中から注目が集まります。