通常テレビで放映されている番組の多くは、放映しているテレビ局自身が作っている訳ではありません。

現在民放各局で放映されている番組の70%近くは、局外の番組制作会社の手によって作られています。

例えば「自然環境保護に関する番組を提供して企業イメージを上げたい」といったスポンサーからの要望などをくみ取り、広告代理店からの依頼で番組制作が決まると、その基本方針にのっとり得意分野が合致する番組制作会社にテレビ局側から依頼が入るというのが、基本的な流れです。

企画立案から台本作り、映像撮影、編集、スタッフの確保やキャスティングなど、番組制作にかかわる具体的なあらゆる業務は制作会社が行います。

一方公共放送であるNHKは、番組にいちいちスポンサー企業がついている訳ではないという性質上、自局内での番組制作の比率は格段に高いとされています。

それでも、NHKの番組の多くは、NHKエンタープライズという制作プロダクションによって作られています。

番組制作の他、海外ドラマの版権の管理や映画の制作、WEBコンテンツの作成なども行っています。

このNHKエンタープライズが元請となり、教育、科学、文化などそれぞれに精通した下請けに制作の依頼が下りていくルートがほとんどです。

2006年より、公共放送を行う特殊法人としての改革に着手し、広く一般の番組制作会社に企画を公募することとなり、これまで毎年いくつかの番組が採用され、放映もされています。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら