Vineとは、Twitterが提供しているスマートフォン向けの動画共有アプリであり、6秒間の動画をTwitterやFacebookに投稿することができます。
そのメリットは、手軽に動画を撮影、編集、共有することができることにあり、今後の広告媒体として注目を集めています。
特に、現在のところ、Vineを積極的に広告として利用している企業は少ないため、そのインパクトは絶大なものになると考えられます。

もう1つ重要なメリットとしては、利用者が簡単に参加できるという点にあります。つまり、利用者はVineの感想を簡単に伝えることができますし、提供者も、それに対する回答をすぐに返すことができます。そのため、利用者を巻き込んだ形のキャンペーンを展開するには好都合であると言えます。

ただし、わずか6秒でインパクトのある動画を作るというのは相応のセンスが問われるうえ、いまだ企業全体としても試行錯誤の段階にあるため、いわゆるテンプレートのようなものがなく、全てを1からはじめなければならないというデメリットもあります。ただし、前述のとおり手軽に行えることから、失敗してもリスクは少なく、挑戦してみる価値は高いと言えるでしょう。